(個人資産)2級FP 2015年5月 問1

問 1
20150501個人資産
Mさんは,Aさんに対して,Aさんが60歳でX社を退職し,その後再就職等をしない場合における社会保険について説明した。Mさんの,Aさんに対する説明に関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  • ① 「Aさんは,退職後,現在加入している健康保険に任意継続被保険者として加入することができます。任意継続被保険者の資格を取得するためには,原則として,退職日の翌日から2週間以内に任意継続被保険者となるための申出をする必要があります」

    [解答解説] ×
    任継続被保険者になるためには、退職日の翌日(資格喪失日)から20日以内に申出をする必要がある。

  • ② 「Aさんは,退職後の年間収入が180万円未満かつ妻Bさんの年間収入の2分の1未満である場合,原則として,妻Bさんが加入している健康保険の被扶養者になることができます」

    [解答解説] ○
    適切。Aさんは60歳以上なので、収入要件は180万円未満となり、被保険者(妻Bさん)の年収の2分の1未満である必要がある。

  • ③ 「Aさんは,退職後から65歳になるまでの間, 28月を限度として,国民年金の任意加入被保険者として国民年金の保険料を納付することができます」

    [解答解説] ○
    国民年金の任意加入できる人は、日本国内に住所がある人は60歳以上65歳未満の人で、満額受給できないため、満額に近づけたい人となる。Aさんは、厚生年金の加入期間が445月+7月=452月あり、28月で満額の480月となる。よって、28月を限度として加入することができる。

[解答]① × ② ○ ③ ○
[補足]

解答解説