(個人資産)2級FP 2015年5月 問2

問 2
20150501個人資産
 Mさんは,Aさんに対して,Aさんおよび妻Bさんに係る公的年金制度からの老齢給付等について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を,下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

「Aさんは,原則として,( ① )から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受給することができ,65歳からは老齢厚生年金および老齢基礎年金を受給することができます。一方,妻Bさんが報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受給することができるのは,原則として63歳からです。また,Aさんが65歳以降に受給する老齢厚生年金には,一定の要件のもとに,妻Bさんが65歳になるまでの間,( ② )が加算されます。なお,これらの年金の支給は,原則として,( ③ )行われます」
WS000161

[解答]① ロ ② ホ ③ チ
[補足]
① Aさんは、≪設例≫から昭和30年12月3日生まれだとわかる。男性の場合、昭和36年4月2日生以降は65歳からの支給になり、2歳ごとに支給開始年齢が1年早い。つまり、昭和34年4月2日生以降は64歳、昭和32年4月2日生以降は63歳、昭和30年4月2日以降は62歳からの支給開始となる。よって、昭和30年4月2日~昭和32年4月1日生の男性は62歳からの支給となり、Aさんはここに該当する。
② 加給年金と振替加算の違いを区別しておく。加給年金は、夫の老齢厚生年金に、妻が65歳になるまで支給され、振替加算は、妻の老齢基礎年金に、妻が65歳以降に支給される。よって、②は加給年金額となる。
③ 年金の支給は、偶数月に2ヵ月分振り込まれる。例えば、8月に、6、7月分が支給される。

解答解説