(個人資産)2級FP 2015年9月 問3

問 3

20150901kojin-1
仮に、Aさんが現時点(平成27年9月13日)で死亡し、妻Bさんが遺族厚生年金の受給権を取得した場合、受給権取得時における妻Bさんの遺族厚生年金の年金額を、解答用紙の手順に従い、計算過程を示して求めなさい。なお、年金額は平成27年度価額(本来水準による価額)に基づくものとし、計算にあたっては、《設例》および下記の〈資料〉を利用すること。また、端数処理は、解答用紙の指示に従うこと。
20150903kojin-1
[dt_gap height=”20″ /]

[解答] 493,290円
ⅰ) 基本額
400,000×5.481/1,000×300月×3/4=493,290円
百円未満は切り上げなので,493,300円
ⅱ)中高齢寡婦加算
40歳以上ではないので,加算されない。
[補足]
<基本額>
・平均標準報酬額は、グラフから、400,000円とわかる。
なお,被保険者期間は,平成15年4月以後なので,そのまま使用できる。
・被保険者期間は、125月だが、短期要件で300か月となる。
・遺族厚生年金は、報酬比例の4分の3となる。
<中高齢寡婦加算 要件>
・夫:長期要件なら加入期間20年以上
※長期要件は,老齢厚生年金の受給権者など
・妻:夫死亡時に40歳以上65歳未満。

解答解説