(個人資産)2級FP 2015年9月 問5

問 5
20150904kojin-1
Mさんは、Aさんに対して、X投資信託およびY投資信託の特徴等について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. ① 「X投資信託とY投資信託の過去5年間の運用パフォーマンスをシャープ・レシオで比較した場合、Y投資信託のほうが効率的に運用されていたと評価することができます」

    [解答解説] ×
    シャープレシオ=(ポートフォリオの収益率-安全資産利子率)÷標準偏差
    X投資信託 (5.5%-0.1%)÷8.0%=0.675%
    Y投資信託 (10.5%-0.1%)÷22.0%≒0.473%
    シャープレシオの値が大きいほど安全資産利子率を超える高い収益率となる。X投資信託の方が効率的に運用されていたと評価できる。

  2. ② 「Y投資信託は為替ヘッジを行っていませんので、購入後に投資対象国通貨に対して円高となった場合、為替ヘッジを行った場合と比較して、基準価額の値下りは大きくなります」

    [解答解説] ○
    為替ヘッジを行うことにより、為替変動リスクを回避することができる。円高になると基準価額が下がるため、為替ヘッジを行った場合に比べ、値下がり幅が大きくなる。

  3. ③ 「信託財産留保額は、投資信託を解約等した受益者と引き続き保有する受益者との公平性を確保するためにすべての投資信託に設定されているものであり、販売会社によってその料率が異なることはありません」

    [解答解説] ×
    信託財産留保額のない投資信託もある。

[解答]① × ② ○ ③ ×
[補足]

解答解説