(個人資産)2級FP 2015年9月 問6

問 6
20150904kojin-1
Aさんが、平成27年中に、特定口座の源泉徴収選択口座で保有するX投資信託を基準価額10,000円(1万口当たり)ですべて解約した場合に徴収される所得税(復興特別所得税を含む)および住民税の合計額を計算した次の〈計算式〉の空欄①~③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、Aさんにはこれ以外にこの年における株式等の取引はなく、X投資信託からの元本払戻金(特別分配金)は購入後一度も受け取っていないものとし、《設例》に挙げられているもの以外の費用については考慮しないものとする。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
20150906kojin-1

[dt_gap height=”20″ /]

[解答]① 300,000円 ② 5% ③ 60,945円
① 譲渡所得の金額を求める。
信託財産留保額が、解約時の基準価額に対して0.2%かかる。よって、
10,000円×(1-0.002)=9980円
(9980-8480)×2,000,000口÷10,000口=30,000円
②③ 株式等に係る譲渡所得の税率は、所得税15.315%、住民税5%である。
所得税 30,000円×15.315%=45,945円
住民税 30,000円×5%=15,000円
よって、合計は60,945円となる。
[補足]

解答解説