[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問 10
20150910kojin-1
甲土地に自宅を新築する場合の留意点に関する次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. ① 甲土地のある第一種住居地域内においては、都市計画により、10mまたは12mの絶対高さ制限が適用される。

    [解答解説] ×
    10mまたは12mの絶対高さが制限されるのは、第一種低層住居専用地域と第二種地層住居専用地域のみである。「低層」で「住居」を定めた地域なので、高さ制限がある。

  2. ② 甲土地のある防火地域内においては、延べ面積が80㎡を超える建築物は、その建築物の階数にかかわらず、原則として耐火建築物としなければならない。

    [解答解説] ×
    防火地域内で耐火建築物としなければならない建築物
    1 延べ面積が100㎡を超える建築物
    2 地階を含む階数が3以上の建築物

  3. ③ 自宅を新築した場合、Aさんはその建物の所有権を取得した日から1カ月以内に建物の表題登記を申請しなければならない。

    [解答解説] ○
    正しい。取得の日から1ヵ月以内である。

[解答]① × ② × ③ ○
[補足]

解答解説

≪問9  問11≫

2015年9月実技(個人資産) 2級FP解答解説一覧

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit