[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問 14
Aさんの相続に関する次の記述①~③について、適切なものには◯印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

 

  • ① 妻Bさんが相続によりAさんの自宅の敷地を取得し、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用を受けた場合、330㎡を限度面積として、評価額の80%を減額することができる。

    [解答解説] ○
    20150914kojin-1

  • ② 長男CさんがAさんから相続または遺贈により財産を取得しなかった場合、長男CさんがAさんから贈与によって取得した現金1,500万円は、相続税の課税価格に加算されない。

    [解答解説] ×
    現金1,500万円は相続時精算課税制度の適用を受けている。この制度は非課税になるわけではなく、相続時に加算される。

  • ③ 孫FさんがAさんから贈与された現金については、Aさんの死亡日における非課税拠出額から教育資金支出額を控除した残額200万円が、相続税の課税価格に加算される。

    [解答解説]trong> ×
    非課税限度額は1,500万円が限度額で、贈与税の対象外であり、また、相続税の対象とならない。

[解答]① ○ ② × ③ ×
[補足]

解答解説

≪問13  問15≫

2015年9月実技(個人資産) 2級FP解答解説一覧

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit