(個人資産)2級FP 2015年9月 問15

問 15
20150913kojin-1
Aさんの相続における課税遺産総額(「課税価格の合計額-遺産に係る基礎控除額」)が、2億1,000万円であった場合の相続税の総額を計算した下記の表の空欄①~④に入る最も適切な数値を求めなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

20150915kojin-1

[解答]① 5,400(万円) ② 2,500(万円) ③ 500(万円) ④ 4,000(万円)
[解説]
① 遺産に係る基礎控除額を求めるためには、法定相続人の数を考える必要がある。なお、実子と養子の違いによる差はない。
法定相続人⇒妻Bさん、長男Cさん、長女Dさん、養子Eさん
3000万円+600万×4=5400万円・・・遺産に係る基礎控除額
②、③は、相続税の総額の基となる税額を求めるが、法定相続分で分けた各人の相続分を算出する。
② 2億1,000万円×1/2=1億500万円・・・妻Bさんの相続分
速算表より、1億500万円×40%-1,700万円=2,500万円・・・妻Bさんの法定相続分で分けた相続税額
③ 子が3人なので、1/2×1/3=1/6・・・長男Cさんの法定相続分(長女Dさん、養子Eさんも同じ)
2億1,000万円×1/6=3500万円・・・長男Cさんの相続分
速算表より、3,500万円×20%-200万円=500万円・・・長男Cさんの法定相続分で分けた相続税額
④ 長女Dさん、養子Eさんも長男Cさんと同じなので、
2,500万円+500万円×3=4,000万円・・・相続税の総額
なお、この相続税の総額を求めたあと、「実際に」相続した相続分に従って相続税を算出する。

解答解説