問 5
Mさんは、Aさんに対して、投資信託について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. ① 「平成28年中にNISA口座で株式投資信託を購入する場合、購入時手数料を含めて120万円を限度に、その投資信託をNISA口座に受け入れることができます」

    [解答解説] ×
    平成28年から上限が12万円に拡大したが、購入時の手数料は含まれない。

  2. ② 「Aさんは投資信託を保有している期間中、運用管理費用(信託報酬)を負担する必要があります。この運用管理費用(信託報酬)は決算日に前決算日以降の期間分がまとめて控除されるため、決算日の基準価額はその分下がります」

    [解答解説] ×
    運用管理費用(信託報酬)は信託財産から日々控除される。運用管理費用(信託報酬)を控除した後、基準価額が決定する。

  3. ③ 「Y投資信託を解約した場合、信託財産留保額が徴収されますが、Y投資信託が償還された場合には、信託財産留保額は徴収されません」

    [解答解説] ○
    信託財産留保額は解約するときに差し引かれる金額なので、償還時には徴収されない。

[解答]① × ② × ③ ◯
[補足]

解答解説

≪問4  問6≫

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit