最新解説・3級学科3級個人資産2級学科2級個人資産2級資産設計3級資産設計2級生保顧客

問 6
X社社債を《設例》の条件で購入した場合について、次の①~③をそれぞれ求めなさい(計算過程の記載は不要)。なお、〈答〉は%表示の小数点以下第3位を四捨五入することとし、税金や手数料は考慮しないものとする。

《設 例》
会社員のAさん(59歳)は、平成20年4月から個人向け国債(変動金利型10年満期)を保有してきたが、平成28年9月に勤務先から退職金を受け取る予定もあり、投資対象を少し広げたいと考えている。
Aさんは、ETF(上場投資信託)および株式会社Xの社債(X社社債)を投資対象の候補として考えており、ETFや債券による資産運用について、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。また、Aさんは、個人向け国債についても改めて確認したいと考えている。
X社社債に関する資料は、以下のとおりである。

〈X社社債に関する資料〉
・表面利率:1.2%
・残存期間:4年
・購入価格:103.5円(額面100円当たり)
・償還価格:100円

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

  1. ① X社社債を購入した場合の直接利回り

    [解答解説] 1.16%
    1.2÷103.5×100=1.159・・・

  2. ② X社社債を購入し、償還まで保有した場合の最終利回り(年率・単利)

    [解答解説] 0.31%
    [1.2+{(100-103.5)/4}]/103.5 ×100=0.314・・・

  3. ③ X社社債を購入し、2年後に額面100円当たり101.50円で売却した場合の所有期間利回り(年率・単利)

    [解答解説] 0.19%
    [1.2+{(101.5-103.5)/2}]/103.5 ×100=0.193・・・

[解答] ① 1.16% ② 0.31% ③ 0.19%
[補足]
社債も債券の利回り計算式を使えばよい。

解答解説

[広告]



≪問5  問7≫

2016年5月 2級FP解答解説一覧(個人資産)
 
 

 

~掲載している過去問につきまして~

fp試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会のホームページへ
日本FP協会のホームページへ

 
 



Research Artisan




Research Artisan

 
 
 

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit