(個人資産)2級FP 2016年9月 問2

問 2

Mさんは、Aさんに対して、退職後の公的医療保険制度について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を、下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

「X社を退職した後における公的医療保険制度への加入については、 国民健康保険に加入する、退職時の健康保険に任意継続被保険者として加入する、妻Bさんの健康保険の被扶養者となる、などの選択肢があります。退職時の健康保険に任意継続被保険者として加入する場合、原則として、退職日の翌日から( ① )以内に任意継続被保険者の資格取得手続を行う必要があり、任意継続被保険者として健康保険に加入できる期間は最長で( ② )となります。また、Aさんが妻Bさんの健康保険の被扶養者となるためには、Aさんの退職後の年間収入が180万円未満の見込みで、かつ、原則として妻Bさんの年間収入の( ③ )未満の見込みであることなどの要件を満たす必要があります」

〈語句群〉
イ.10日 ロ.14日 ハ.20日 ニ.1年間 ホ.2年間 へ.3年間 ト.2分の1 チ.3分の2 リ.4分の3

FP講座お試し版

[解答] ① ハ  ② ホ ③ ト
[解説]
健康保険の任意継続被保険者の問題である。
任継続被保険者は、資格喪失日の前日までに「継続して2ヵ月以上の被保険者期間」があること、退職日の翌日から20日以内に手続きを行うこと、が要件で、最長2年間加入できる。
また、任意継続被保険者の被扶養者になるためには「被扶養者の範囲」と「収入」の2つの要件があり、試験では「収入」要件をおさえておく。
収入要件:家族の収入が130万円未満(60歳以上または障害厚生年金を受けられる障害者は180万円未満)、かつ被保険者の年収の2分の1未満であること。
試験で問われていないが、Aさんは60歳以上なので、収入要件は180万円未満となる。

解答解説