(個人資産)2級FP 2016年9月 問4

問 4

《設 例》
会社員のAさん(57歳)は、投資信託による資産運用に興味を持ち、X投資信託およびY投資信託について購入を検討している。しかしAさんは、これまで投資信託を購入したことがなく、その仕組み等についてはわからないことが多い。そこでAさんは、X投資信託およびY投資信託の購入について、証券会社に勤務するファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

X投資信託およびY投資信託に関する資料等は、以下のとおりである。
〈X投資信託に関する資料〉
・公募株式投資信託
・追加型/海外/債券
・主な投資対象 :海外の社債等
・信託期間 :無期限
・決算日 :年2回(毎年5月20日および11月20日。休業日の場合は翌営業日)
・購入時手数料 :3.24%(税込)
・運用管理費用(信託報酬) :1.863%(税込)
・信託財産留保額 :なし
・為替ヘッジ :「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2つのファンドから選択が可能
〈Y投資信託に関する資料〉
・公募株式投資信託
・追加型/国内/株式
・主な投資対象 :株主還元に積極的に取り組む国内企業の株式
・信託期間 :無期限
・決算日 :毎月15日(休業日の場合は翌営業日)
・購入時手数料 :3.24%(税込)
・運用管理費用(信託報酬) :1.62%(税込)
・信託財産留保額 :なし
201000003

Mさんは、Aさんに対して、X投資信託およびY投資信託のパフォーマンス評価について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~チのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

「無リスク資産利子率を1%と仮定した場合、 過去3年間の運用パフォーマンスに基づくX投資信託のシャープ・レシオは、( ① )です。一方、Y投資信託のシャープ・レシオは、□□□です。シャープ・レシオの値が大きいほど、取ったリスクに対して大きなリターンを得たことになります。このため、X投資信託とY投資信託を比較した場合、シャープ・レシオについては( ② )投資信託のほうが過去のパフォーマンスは優れていたといえます。
また、仮にX投資信託を60%、Y投資信託を40%の比率で組み入れたポートフォリオを組成した場合、過去3年間の平均収益率を期待収益率とすると、このポートフォリオの期待収益率は( ③ )%です」

〈語句群〉
イ.1.0 ロ.1.5 ハ.2.0 ニ.4.6 ホ.5.4 へ.10.0 ト.X チ.Y

[解答] ① イ  ② チ ③ ニ
[解説]
① シャープレシオは、「(投資信託の平均リターン-安全資産利子率)÷標準偏差」で求められる。
 X投資信託(3%-1%)÷2%=1.0 ・・・①
 Y投資信託(7%-1%)÷4%=1.5
② シャープレシオは、数値が高い方がパフォーマンスが優れいているので、Y投資信託がX投資信託より優れいてる。
③ 3%×0.6+7%×0.4=1.8+2.8=4.6

解答解説