(個人資産)2級FP 2016年9月 問6

問 6

Aさんが、下記の〈資料〉の条件で、特定口座の源泉徴収選択口座を利用してX投資信託を500万口購入し、購入後の最初の収益分配金を受け取った場合に、Mさんが説明した以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉イ~リのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。なお、この年において、当該特定口座の源泉徴収選択口座を利用した取引は、本問の課税の時点までほかになかったものとする。

201000004

「Aさんが受け取った収益分配金のうち、普通分配金は( ① )円(1万口当たり)、元本払戻金(特別分配金)は( ② )円(1万口当たり)です。普通分配金による所得は( ③ )所得とされ、分配金受取時に所得税および復興特別所得税と住民税の合計で( ④ )%の税率により源泉徴収(特別徴収)されます」

〈語句群〉
イ.利子 ロ.配当 ハ.雑 ニ.10.147 ホ.20.315 へ.20.42 ト.100 チ.500 リ.600

[解答] ① チ  ② ト ③ ロ ④ ホ
[解説]
購入時に9,500円だったX投資信託が、分配金落ち前に10,000円(9,400円+600円)となり、600円の分配金を受け取ったあと、9,400円の基準価額となった。
600円のうち100円は、基準価額9,500円の一部が戻ってきただけなので、特別分配金といい非課税扱い、残り500円が普通分配金となる。
普通分配金は、配当所得の対象で、20.315%の源泉分離課税である。

解答解説