問10
甲土地を購入する場合の留意点に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

  1. Aさんが法務局で甲土地の登記事項証明書の交付申請を行う場合,当該交付についての許可を甲土地の所有者であるBさんから得た旨の証明書を申請時に提出する必要がある。

    [解答解説] ×
    不適切である。
    登記事項証明書の交付申請は誰でもできるため、証明書は不要である。

  2. 甲土地の所有権に関する登記の登記事項は,登記記録の権利部甲区で確認することができる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    所有権は権利部甲区で確認できる。なお、権利部乙区では抵当権などを確認できる。

  3. 甲土地の売買契約の締結にあたり,AさんがBさんに解約手付金を交付した場合,Bさんが契約の履行に着手するまでは,Aさんはその手付金を放棄して契約を解除することができる。

    [解答解説] ◯
    適切である。
    契約の履行とは、Bさんの場合は、建物の建築開始や資材の購入などであり、Bさんが契約の履行に着手するまでは,Aさんはその手付金を放棄して契約を解除することができる。

[解答] 1

[配点] 3
[補足]

解答解説

[広告]



≪問9  問11≫

2015年1月 (個人資産)3級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit