問12

《設 例》
Aさん(50歳)は,賃貸アパートを経営することを検討している。Aさんが賃貸アパートの建築用地について物件情報を収集したところ,Bさんが所有する甲土地が売却中であることを知った。
甲土地の概要は,以下のとおりである。
WS000068

Aさんが甲土地に賃貸アパートを建築する場合の最大延べ面積は,次のうちどれか。
1) 15m×15m×60%=135㎡
2) 15m×15m×70%=157.5㎡
3) 15m×15m×200%=450㎡

[解答] 3

[配点] 4
[解説]
 最大延べ面積を求めるには、容積率を使用する。よって、200%を使っている3が適切。なお、前面道路幅員による容積率の制限があり、前面道路幅員×4/10が上限となる。6m✕4/10=24/10 よって、240%が上限で、この範囲に収まっているため200%でよい。
 建ぺい率は、建築面積を求めるときに使用し、甲土地は防火地域で緩和措置があるため+10%される。

解答解説

[広告]



≪問11  問13≫

2015年1月 (個人資産)3級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit