(個人資産)3級FP 2015年1月 問15

問15

《設 例》
Aさんは,平成26年11月10日に病気により71歳で死亡した。Aさんは,生前に,自筆証書遺言を作成している。また,Aさんは,平成21年5月に長女Dさんに現金の贈与(暦年課税)を行っている。
Aさんの親族関係図および主な財産の状況等は,以下のとおりである。
WS000067
〈Aさんの主な財産(相続税評価額)〉
・預貯金 :3,000万円
・有価証券 :5,500万円
・自宅の敷地:6,000万円
・自宅の家屋:1,000万円

〈Aさんが加入していた生命保険契約に関する資料〉
保険の種類 :終身保険
契約者(=保険料負担者)・被保険者 :Aさん
死亡保険金受取人 :妻Bさん
死亡保険金額 :2,000万円
※妻Bさん,長男Cさんおよび長女Dさんは,いずれもAさんの相続により財産を取得するものとする。

※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

Aさんの相続に係る法定相続人およびその法定相続分の組合せとして最も適切なものは,次のうちどれか。
1) 妻Bさん: 1/2,長男Cさん: 1/4,長女Dさん: 1/4
2) 妻Bさん: 1/3,長男Cさん: 1/3,長女Dさん: 1/3
3) 妻Bさん: 1/2,長男Cさん: 1/6,長女Dさん: 1/6,母Eさん: 1/6

[解答] 1

[配点] 4
[解説]
配偶者と子がいるため、母Eさんは法定相続人とならない。よって、配偶者が1/2、子が1/2で、子は2人いるため、1/2✕1/2=1/4ずつとなる。配偶者が法定相続人に含まれる場合の法定相続分はおさえておこう。
第1順位 配偶者1/2、子1/2
第2順位 配偶者2/3、父母1/3
第3順位 配偶者3/4、兄弟姉妹1/4
順位が下がるにつれ、配偶者の受け取れる割合が増える。

解答解説