(個人資産)3級FP 2015年5月 問13

問13
長男CさんがAさんから受けた現金の贈与について相続時精算課税を選択した場合に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

《設 例》
Aさんは,妻Bさんと長男Cさん夫婦との4人暮らしである。Aさんは,長男Cさんが飲食店を新規開業する予定であることから,長男Cさんに対して新規開業資金として現金を贈与し,あわせて長女Dさんに対しても,現金を贈与することを考えている。
Aさんの親族関係図等は,以下のとおりである。
WS000073

〈Aさんが平成27年中に行うことを予定している贈与の内容〉
・長男Cさんに対して,現金3,000万円を贈与する予定である。
・長女Dさんに対して,現金500万円を贈与する予定である。

※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

  1. Aさんから受ける贈与について相続時精算課税を選択した年分以後にCさんがAさんから受ける贈与については,暦年課税を選択することができない。

    [解答解説] ◯

    適切である。
    一度相続時精算課税制度を選択すると、その贈与者から受け取る贈与に関しては、暦年課税を選択することはできない。

  2. Aさんから受ける贈与について相続時精算課税を選択した年分以後にCさんがBさんから受ける贈与については,相続時精算課税を選択することができない。

    [解答解説] ×

    不適切である。
    相続時精算課税制度は、贈与者ごとに選択できるため、Aさんからの贈与について相続時精算課税を選択しても、Bさんからの贈与に関しては、相続時精算課税制度を選ぶことができる(暦年課税でもよい)。相続時精算課税制度は、一人の贈与者にしか適用できないという決まりもない。

  3. Aさんの相続が開始した場合,相続時精算課税に係る贈与によって取得した財産は,相続税の課税価格に加算される。

    [解答解説] ◯

    適切である。
    2,500万円までは相続税の課税価格に加算される。

[解答] 2

[配点] 3
[補足]

解答解説