問7
所得税の確定申告に関して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして最も適切なものは、次のうちどれか。

ⅰ)給与所得者の給与から源泉徴収された所得税は、勤務先で行う年末調整によって精算されるため、その年分の所得が1カ所のみからの給与所得だけであれば、原則として、給与所得者は、所得税の確定申告が不要である。しかし、その年分の給与収入の金額が( ① )を超える給与所得者は、年末調整の対象とならないため、所得税の確定申告をしなければならない。
ⅱ)Aさんの平成28年分の給与収入は(①)を超えていないが、給与所得および退職所得以外の所得金額が( ② )を超えている場合には確定申告が必要であり、Aさんの場合は給与所得および退職所得以外の所得金額が(②)を超えているため、所得税の確定申告をしなければならない。平成28年分の所得税の確定申告書の提出期限は、原則として平成29年( ③ )である。

1) ① 1,500万円 ② 20万円 ③ 3月31日
2) ① 2,000万円 ② 15万円 ③ 3月31日
3) ① 2,000万円 ② 20万円 ③ 3月15日

[解答] 3

[配点] 4
[解説]
給与所得者で確定申告が必要な要件として、給与収入2,000万円以上というものがある。また、給与所得と退職所得以外の所得金額が20万円超の場合も確定申告が必要である。確定申告は3月15日までが期限となっている。

解答解説

≪問6  問8≫

2016年9月 (個人資産)3級FP解答解説一覧

【最 新】
2級・3級FP
過去問解説
無料公開中

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

・FP技能士検定の問題は、きんざい及び日本FP協会実施の問題を利用しております。
・解説につきましては、FP試験研究所がオリジナルで作成又は依頼したものです。
・ツイッターでフォローしていただければ早くご覧いただくことができます。
・各問題に対するご質問を受け付けております。もう少し解説がほしいなど、ご意見、ご要望もお待ちしております。


広告




<2級FP>

学科 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

2014年 ・1月 ・5月 ・9月

資産設計 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

(2014年) ・1月 ・5月 ・9月

個人資産 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

(2014年) ・1月 ・5月 ・9月

生保顧客 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

2014年 ・1月 ・5月 ・9月

<3級FP>

学科 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

個人資産 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

協会実技 解答解説

2017年 ・1月 ・5月 ・9月

2016年 ・1月 ・5月 ・(9月)

FP試験研究所に記載されている、ファイナンシャル・プランニング技能検定3級、ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級の問題は、きんざい及び日本FP協会が発表しているものです。

 
 

解答解説更新・修正情報

・2017年1月15日:(資産設計)2級FP 2016年9月実施/解答解説追加
・2016年12月21日:(個人資産)3級FP 2016年9月実施/解答解説追加
・2016年12月17日:(学  科)3級FP 2016年9月実施/解答解説追加

 
 

 



Research Artisan




Research Artisan

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit