広告




《設 例》
自営業を営むAさん(58歳)は、土地を購入して賃貸アパートを建築したいと考えており、候補地として設例の甲土地の情報を入手した。
甲土地および計画建物の概要は、以下のとおりである。
〈甲土地および計画建物の概要〉

【甲土地の概要】
都市計画区域:市街化区域
用途地域 :第二種中高層住居専用地域
指定建ぺい率:60%
指定容積率 :200%
前面道路幅員による容積率の制限
:前面道路幅員×4/10
防火規制 :指定なし
相続税評価額:4,800万円
固定資産税評価額:4,200万円
【建築予定の賃貸アパートの概要】
構造・規模 :鉄骨造・2階建て
延べ面積 :300㎡
総戸数 :10戸
建築費 :1億円
※指定建ぺい率および指定容積率とは、それぞれ都市計画において定められた数値である。
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問12
甲土地に賃貸アパートを新築する際の建築基準法による最大延べ面積は、次のうちどれか。

1) 15m×20m×150%=450㎡
2) 15m×20m×200%=600㎡
3) 15m×20m×240%=720㎡

[解答] 2

[配点] 4
[解説]
最大延べ面積を求めるので、まずは容積率を決定する。指定容積率と容積率の制限を比べて低い方を採用する。
6m×4/10=240% > 指定容積率 200%
よって、200%
15m×20m×200%=600㎡

解答解説

≪問11  問13≫

2016年9月 (個人資産)3級FP解答解説一覧

【最 新】
2級・3級FP
過去問解説
無料公開中

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

・FP技能士検定の問題は、きんざい及び日本FP協会実施の問題を利用しております。
・解説につきましては、FP試験研究所がオリジナルで作成又は依頼したものです。
・ツイッターでフォローしていただければ早くご覧いただくことができます。
・各問題に対するご質問を受け付けております。もう少し解説がほしいなど、ご意見、ご要望もお待ちしております。


広告




<2級FP>

学科 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

2014年 ・1月 ・5月 ・9月

資産設計 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

(2014年) ・1月 ・5月 ・9月

個人資産 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

(2014年) ・1月 ・5月 ・9月

生保顧客 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

2014年 ・1月 ・5月 ・9月

<3級FP>

学科 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

個人資産 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・9月

2015年 ・1月 ・5月 ・9月

協会実技 解答解説

2016年 ・1月 ・5月 ・(9月)

FP試験研究所に記載されている、ファイナンシャル・プランニング技能検定3級、ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級の問題は、きんざい及び日本FP協会が発表しているものです。

 
 

解答解説更新・修正情報

・2017年1月15日:(資産設計)2級FP 2016年9月実施/解答解説追加
・2016年12月21日:(個人資産)3級FP 2016年9月実施/解答解説追加
・2016年12月17日:(学  科)3級FP 2016年9月実施/解答解説追加

 
 

 



Research Artisan




Research Artisan

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit