(個人資産)3級FP 2016年9月 問15

《設 例》
Aさん(68歳)は、妻Bさん(66歳)、長女Dさん(34歳。未婚)と3人暮らしである。また、Aさんには結婚して独立した長男Cさん(40歳)がいる。Aさんは、子供たちへ生前に財産を贈与することを考えている。
Aさんの親族関係図および所有する主な財産は、下記のとおりである。
〈Aさんの親族関係図〉

〈Aさんの主な財産の状況(相続税評価額)〉
・預貯金 :1億8,000万円
・有価証券 :1億2,000万円
・自宅の敷地:1億4,000万円
・自宅の建物: 1,000万円
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問15
平成28年4月にAさんが長男Cさんに現金300万円を、また同年6月に妻Bさんが長男Cさんに現金150万円を、自動車購入資金として贈与した場合、長男Cさんが納付すべき贈与税額は、次のうちどれか。長男Cさんが同年中に受けた贈与は、ほかにはない。
なお、この平成28年中の贈与については、暦年課税により贈与税を計算することとし、「直系尊属から贈与を受けた場合の贈与税の税率の特例」について、適用を受けるための要件を満たしているものとして計算すること。

1) (300万円-110万円)×10%+(150万円-110万円)×10%=23万円
2) {(300万円-110万円)+(150万円-110万円)}×15%-10万円=24.5万円
3) {(300万円+150万円)-110万円}×15%-10万円=41万円

[解答] 3

[配点] 4
[解説]
暦年課税は、受贈者が受け取った総額で判断し、受取総額から基礎控除110万円を引く。
(300万円+150万円)-110万円=340万円
340万円×15%-10万円=41万円

解答解説