2級FP 2017年1月 問題2

問題 2
会社員Aさんの平成28年分の収入等は下記<資料>のとおりである。ライフプランの基本となるキャッシュフロー表の作成に当たり、下記<資料>に基づき算出される可処分所得として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

<資料>
[収入金額]
給与収入:750万円
[税金、所得控除の控除額]
所得税・住民税:65万円
雑損控除 :50万円
社会保険料控除:80万円
医療費控除 :10万円

  1. 545万円

    [解答解説] ×

  2. 555万円

    [解答解説] ×

  3. 605万円

    [解答解説] ○

  4. 685万円

    [解答解説] ×

[解答] 3
[解説]
可処分所得は年収から税金と社会保険料を引いて求める。
社会保険料は全額控除できるため、社会保険料控除と同額となる。
750万円-65万円-80万円=605万円


[プラスα]
可処分所得は、自由に使えるお金のことです。実際には生命保険料や積立金など天引きを利用している人もいるでしょう。これは制度として天引きされているだけで、給与を受け取ってから支払っているのと同じです。言い換えれば、天引きを選択しないこともできますし、保険であれば加入しないという選択も可能です。しかし税金や社会保険料は一定の所得があれば必ず支払わなければならないものですので、所得税と住民税、社会保険料を引いた金額が可処分所得となります。様々な場面で、年収や手取額、可処分所得のどれで考えるか、問題になります。これらの言葉を使う時には何を含めて何を外すかの取り決めを確認しておくとスムーズに話が進みます。FPの試験対策上は、可処分所得の式は「年収-(社会保険料+所得税・住民税)」で覚えておきましょう。

解答解説