2級FP 2017年1月 問題12

問題 12
個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 保証期間付終身年金では、保証期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合には、被保険者の相続人が継続して保証期間満了まで年金を受け取ることができる。

    [解答解説] 〇
    適切である。保証期間付はその名のとおり、その期間中は生死に関わらず年金が保証されている。


    [プラスα]
    終身年金は一生涯年金を受け取れる商品ですが、亡くなると受け取れなくなるため、保証期間を付けます。保証期間中であれば亡くなったとしても遺族に年金が支給されるため、生活費の原資にすることができます。

  2. 保証期間のない有期年金では、年金支払開始後10年、15年など契約時に定めた期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合には、被保険者の相続人が残りの年金支払期間分の年金現価を一時金で受け取ることができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。有期年金は、一定期間生きている限り年金が受け取れるタイプなので、保証期間がない限り死亡すると保険契約は解消される(遺族に年金は支払われない)。


    [プラスα]
    有期年金だけで覚えるのではなく、終身年金と確定年金をセットで覚え、違いを抑えておくことで理解しましょう。まず「有期」ということから一定期間しか保証されないこと、「確定」ということから一定期間であれば保証されていること、「終身」ということから一生涯保証されることを抑えておきます。これに生死を組み合せます。「終身」で死んでも一生涯保証されるというのは意味が通りませんので、「終身」は「生きている限り」一生涯保証されます。次に「確定」と「有期」はともに一定期間しか保証されません。「有期」は「生きている限り」、「確定」は「生死にかかわらず」年金が受け取れます。保険に慣れていない場合、忘れる可能性もありますので、万一試験中に忘れてしまった場合は、3つすべてを思い出すようにすれば大丈夫です。

  3. 確定年金では、年金支払開始後10年、15年など契約時に定めた期間中は、被保険者の生死にかかわらず年金を受け取ることができる。

    [解答解説] 〇
    適切である。確定年金は、一定期間生死に関わらず年金を受け取ることができる。


    [プラスα]
    契約で決めた期間であれば、年金が支払われることが「確定」している年金です。「確定」している商品はライフプランが立てやすい、計画しやすい商品と言えます。

  4. 変額個人年金保険では、据置期間中(保険料払込期間中)の資産運用が特別勘定で行われ、その損益はすべて契約者に帰属する。

    [解答解説] 〇
    適切である。変額個人年金保険は、運用実績によって将来受け取る年金額が増減する。一般的に年金支払開始時まで特別勘定で運用される。


    [プラスα]
    保険料払込期間中は、特別勘定で他の商品とは区別して運用され、年金受取開始時以降は、一般勘定で管理されます。特別勘定では、リスクの違いによって「国債型」や「株式型」などがあり、自由に選択できる商品もあります。また、選択肢にその損益は「すべて」契約者に帰属するとありますので、費用などを考えれば「すべて」ではないでしょうが、ここではあくまで「変額個人年金保険が運用実績次第で受取ね金額が変わること」と「年金支払開始時までは特別勘定で運用されること」の知識を聞いています。「その損益はすべて契約者に帰属する」は「その損益はすべて契約者の責任ですよ」という意味で、特に「損した場合も契約者の責任ですよ」ということを表わします。

[解答] 2
[補足]

解答解説