最新解説・3級学科3級個人資産2級学科2級個人資産2級資産設計3級資産設計2級生保顧客

問題 23
債券(個人向け国債を除く)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 一般に、市場金利が上昇すると債券価格は下落し、市場金利が低下すると債券価格は上昇する。

    [解答解説] 〇
    債券価格と金利は逆の値動きをする。市場金利が上昇すると、新発債券の金利の方が期待できるため、既発債券の価格は下落する。

  2. 利率と償還日が同じであれば、信用度が高い(債務不履行リスクが低い)債券の方が最終利回りは高い。

    [解答解説] ×
    信用度が高ければ、金利が低くても売れるため、最終利回りは低くなる。

  3. 償還日前に売却した場合には、売却価格が額面価格を下回ることはない。

    [解答解説] ×
    個人向け国債では価格の値動きはせず、利息の有無で解約することになるが、一般的な債券は需要と供給の関係で価格が値動きする。よって、償還日前に売却した場合は売却価格が額面価格を下回ることがある。

  4. 国債や普通社債が流通市場で取引される額は、店頭取引よりも取引所取引の方が多い。

    [解答解説] ×
    国債や普通社債を購入する場合は、金融機関や証券会社で購入するのが一般的である。つまいr、店頭取引となる。

[解答] 1
[補足]

解答解説

≪問題22  問題24≫

2017年1月 2級FP解答解説一覧

 

~掲載している過去問につきまして~

fp試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会のホームページへ
日本FP協会のホームページへ

 
 



Research Artisan




Research Artisan

 
 
 

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit