最新解説・3級学科3級個人資産2級学科2級個人資産2級資産設計3級資産設計2級生保顧客

問題 31
所得税の原則的な取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 個人事業主の所得税の計算期間については、納税地の所轄税務署長への届出により、任意に定めることができる。

    [解答解説] ×
    法人は会計期間を任意に定めることができるが、個人事業主は1月1日~12月31日と決められている。

  2. 課税総所得金額に対する所得税額は、所得金額の多寡にかかわらず、一律の税率を乗じることにより計算する。

    [解答解説] ×
    所得税額は所得が多くなるにつれ税率が増える、累進課税方式を採用している。

  3. 所得税は、納税者の申告に基づき、課税庁が所得や納付すべき税額を決定する賦課課税方式を採用している。

    [解答解説] ×
    所得税は、確定申告により所得や税額が決まる申告納税方式を採用している。賦課課税方式は、国や自治体が納付すべき税額を計算し、納付者に通知する方式で、固定資産税や自動車税などに採用されている。

  4. 所得税は、総合課税、源泉分離課税または申告分離課税のいずれかの課税方法により課される。

    [解答解説] ○
    雑所得や給与所得は総合課税、利子所得などが源泉分離課税、不動産や株式の譲渡所得などが申告分離課税を採用している(特例などで異なる場合はある)。

[解答] 4
[補足]

解答解説

≪問題30  問題32≫

2017年1月 2級FP解答解説一覧

 

~掲載している過去問につきまして~

fp試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会のホームページへ
日本FP協会のホームページへ

 
 



Research Artisan




Research Artisan

 
 
 

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit