2級FP 2017年1月 問題33

問題 33
Aさんの平成28年分の所得の金額が下記のとおりであった場合の所得税における総所得金額として、最も適切なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。

事業所得の金額 350万円(総合課税に係るものである)
不動産所得の金額 ▲100万円(不動産所得に係る土地の取得に要した負債の利子の額60万円を必要経費に算入している)
雑所得の金額 ▲80万円

  1. 170万円

    [解答解説] ×

  2. 250万円

    [解答解説] ×

  3. 270万円

    [解答解説] ×

  4. 310万円

    [解答解説] ○

[解答] 4
[解説]
不動産所得の損失は、他の所得と損益通算できる。ただし、土地の取得に要した負債の利子の額は損益通算できない。
よって、損益通算できる不動産所得の損失額は、100万円-60万円=40万円となる。
また、雑所得の損失は損益通算できない。
よって、350-40=310万円となる。

解答解説