最新解説・3級学科3級個人資産2級学科2級個人資産2級資産設計3級資産設計2級生保顧客

問題 33
Aさんの平成28年分の所得の金額が下記のとおりであった場合の所得税における総所得金額として、最も適切なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。

事業所得の金額 350万円(総合課税に係るものである)
不動産所得の金額 ▲100万円(不動産所得に係る土地の取得に要した負債の利子の額60万円を必要経費に算入している)
雑所得の金額 ▲80万円

  1. 170万円

    [解答解説] ×

  2. 250万円

    [解答解説] ×

  3. 270万円

    [解答解説] ×

  4. 310万円

    [解答解説] ○

[解答] 4
[解説]
不動産所得の損失は、他の所得と損益通算できる。ただし、土地の取得に要した負債の利子の額は損益通算できない。
よって、損益通算できる不動産所得の損失額は、100万円-60万円=40万円となる。
また、雑所得の損失は損益通算できない。
よって、350-40=310万円となる。

解答解説

≪問題32  問題34≫

2017年1月 2級FP解答解説一覧

 

~掲載している過去問につきまして~

fp試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会のホームページへ
日本FP協会のホームページへ

 
 



Research Artisan




Research Artisan

 
 
 

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit