最新解説・3級学科3級個人資産2級学科2級個人資産2級資産設計3級資産設計2級生保顧客

問題 37
次に掲げる費用等のうち、法人税における各事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入されるものとして、最も適切なものはどれか。

  1. 法人が役員に対して支給する給与のうち、定期同額給与(不相当に高額な部分の金額など一定のものを除く)に該当するもの

    [解答解説] ○
    定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与は損金算入できる。ただし、不相当に高額な部分や事前確定届出給与として届け出た給与より多い金額を支給した場合は損金算入できない。

  2. 減価償却費として損金経理した金額のうち、償却限度額を超える部分の金額

    [解答解説] ×
    償却限度額を超える部分の金額は損金算入できない。

  3. 法人住民税の本税

    [解答解説] ×
    法人事業税や固定資産税などは損金算入できる。

  4. 事業税を延滞したことにより支払った延滞金

    [解答解説] ×
    延滞金は損金に算入できない。

[解答] 1
[補足]

解答解説

≪問題36  問題38≫

2017年1月 2級FP解答解説一覧

 

~掲載している過去問につきまして~

fp試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会のホームページへ
日本FP協会のホームページへ

 
 



Research Artisan




Research Artisan

 
 
 

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit