最新解説・3級学科3級個人資産2級学科2級個人資産2級資産設計3級資産設計2級生保顧客

問題 43
宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。

  1. 専任媒介契約の有効期間は、3ヵ月を超えることができず、これより長い期間を定めたときは、その期間は3ヵ月とされる。

    [解答解説] ○
    適切である。専任媒介契約は、専属専任媒介契約の次に依存度が高い契約で、契約期間は専属専任媒介契約と同じ3ヶ月以内が有効期間となる。

  2. 一般媒介契約を締結した宅地建物取引業者は、依頼者に対し、当該契約に係る業務の処理状況を2週間に1回以上報告しなければならない。

    [解答解説] ×
    一般媒介契約は、依頼者への報告義務はない。専任媒介契約は2週間に1回以上、専属専任媒介契約は1週間に1回以上報告しなければならない。

  3. 宅地建物取引業者が、宅地または建物の貸借の媒介を行う場合、貸主・借主双方から受け取ることのできる報酬の合計額は、借賃の2ヵ月分が限度とされる。

    [解答解説] ×
    賃借の媒介は、貸主・借主双方から受け取ることのできる報酬の合計額は、借賃の1ヵ月分が限度である。
    2ヶ月分が限度となるのは、売買・交換のアイリの場合である。

  4. 宅地建物取引業者は、宅地建物取引士をして、宅地または建物の売買契約の締結後、遅滞なく買主に重要事項説明書の交付および説明をしなければならない。

    [解答解説] ×
    重要事項説明書は、売買契約の締結前に交付および説明しなければならない。

[解答] 1
[補足]

解答解説

≪問題42  問題44≫

2017年1月 2級FP解答解説一覧

 

~掲載している過去問につきまして~

fp試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会のホームページへ
日本FP協会のホームページへ

 
 



Research Artisan




Research Artisan

 
 
 

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit