2級FP 2017年1月 問題46

問題 46
建築基準法に基づいて下記の土地に耐火建築物である住宅を建築する場合の建築面積の限度として、最も適切なものはどれか。なお、前面道路は、同法第42条第2項により特定行政庁の指定を受けた道路であり、その中心線からの水平距離2mの線が道路の境界線とみなされるものとする。また、記載のない条件については考慮しないものとする。

  1. 130㎡

    [解答解説] ×

  2. 140㎡

    [解答解説] ×

  3. 145㎡

    [解答解説] 〇

  4. 150㎡

    [解答解説] ×

[解答] 3
[補足]
まず、セットバックで中心線から2mとる必要があるため、0.5m分建築できない。
よって、敷地面積は、14.5×20=290㎡
建ぺい率は緩和措置を考慮しなければならないが、準防火地域は防火地域内の耐火建築物に該当しない。
よって、290×50%=145㎡

解答解説