2級FP 2017年5月 問題5

問題 5
国民年金の給付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 65歳到達時に老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている者が、68歳到達日に老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合の老齢基礎年金の増額率は、18.0%となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    老齢基礎年金の繰下げ支給の増額率は、月×0.7%である。68歳到達日での繰下げ請求なので、36ヵ月×0.7%=25.2%の増額となる。なお、繰下げ時期は、老齢基礎年金と老齢厚生年金を別々に選択できる。なお、加算額は繰下げしても増額されない。

  2. 障害基礎年金の加算額の対象者は、障害基礎年金の受給権者によって生計を維持しているその者の65歳未満の配偶者である。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    障害基礎年金の加算額の対象者は、子である。配偶者の加算額があるのは障害厚生年金である。18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子や20歳未満で障害等級1級または2級の障害者がいる場合、1子・第2子は各224,300円、第3子以降は各74,800円加算される。
    1級 779,300円×1.25+子の加算
    2級 779,300円+子の加算
    3級 なし

  3. 遺族基礎年金を受給することができる遺族は、国民年金の被保険者等の死亡の当時、その者によって生計を維持し、かつ、所定の要件を満たす「子のある配偶者」または「子」である。

    [解答解説] ○
    適切である。

    遺族基礎年金では、妻だけでなく夫も受給できるため「子のある配偶者」または「子」が要件を満たせば受給できる。要件は次の通り。
    死亡した者によって生計を維持されていた、(1)子のある配偶者 (2)子
    子とは次の者に限る。
    ・18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
    ・20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子
    年金額は、
    779,300円+子の加算
    ・子の加算 第1子・第2子 各 224,300円
    ・第3子以降 各 74,800円

  4. 国民年金の第1号被保険者としての保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が25年以上ある夫の死亡の当時、夫によって生計を維持し、夫との婚姻関係が5年以上継続した60歳の妻には、寡婦年金の受給権が発生する。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が25年以上ある夫が亡くなったときに、10年以上継続して婚姻関係にあり、生計維持されていた妻が受けることができる。婚姻期間は10年以上なので誤りとなる。また夫が老齢基礎年金や障害基礎年金を受給していなかったことも条件である。年金額は、夫が受け取る予定であった老齢基礎年金額の4分の3である。

[解答] 3
[補足]

解答解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です