2級FP 2017年5月 問題9

問題 9
下記<Ⅹ社の貸借対照表>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 流動資産のうち、「現金及び預金」「売掛金」などの換金しやすい資産を当座資産という。

    [解答解説] 〇
    適切である。

    当座資産は、短期間で回収可能な資産である。具体的には現金及び預金、受取手形、売掛金などである。なお流動資産は、「(流動資産-棚卸資産)÷流動負債×100」で当座比率を求める際に用いられる。当座比率は資金の安定性を測る指標である。

  2. 負債の部において、1年以内に返済しなければならないものは流動負債となり、返済期間が1年を超えるものは固定負債となる。

    [解答解説] 〇
    適切である。

    1年以内に返済しなければならないものは流動負債となり、返済期間が1年を超えるものは固定負債となる。これは流動資産・固定資産の関係と同じである。

  3. X社の流動比率は、「 500/300 ×100(%)」で計算される。

    [解答解説] 〇

    流動比率は、「流動資産÷流動負債×100」で計算される。よって、500÷300×100≒166.7% となる。なお流動比率は短期的な支払い能力を測る指標である。

  4. X社の自己資本比率は、「 200/600 ×100(%)」で計算される。

    [解答解説] ×

    自己資本比率は、「自己資本÷総資本×100」で求められる。X社の貸借対照表では、自己資本は純資産合計、総資本は負債・純資産合計となる。よって、600÷1200×100=50% となる。なお、負債合計は他人資本を表わす。次の関係性をおさえておく。
    ・資産合計=負債・純資産合計=負債合計(他人資本)+純資産合計(自己資本)

[解答] 4
[補足]

解答解説

“2級FP 2017年5月 問題9” への2件の返信

  1. この問題についての情報は、私の持っているテキスト2種には解説がないのですが、出題が無くなった範囲なのでしょうか?

    1. ご質問ありがとうございます。
      早速、回答させていただきます。
      テキストによっては、この「財務諸表」「決算書の見方と分析」に関する問題は、ページ数や出題頻度の関係上、掲載されていないことがあると思います。
      また掲載している場合、タックスプランニングの分野(法人税)に入っている可能性が高いです。
      範囲表を確認しておりませんが、出題範囲から外されてはいないと思います。
      最頻出問題とまでは言えませんが、覚えておくと点数が取りやすい問題です。
      余り軽率なことは言えませんが、1月の試験をお考えでしたら、これまでに覚えたことを確実に得点できるようにすることが優先だと思いますので、あまり気にされなくてもいいかと思います。
      学習状況に応じて、ご対応ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です