2級FP 2017年5月 問題10

問題 10
クレジットカードに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. クレジットカードの利用時には、通常、伝票等に署名が必要であるが、クレジットカード会社と加盟店との契約により定めた店舗または商品等については、署名を省略することができる。

    [解答解説] ○
    適切である。

  2. ICチップを埋め込んだクレジットカードを専用の端末機のある加盟店で利用する場合、通常、署名に代えて暗証番号を入力する方法によることができる。

    [解答解説] ○
    不適切である。

  3. クレジットカード会員規約では、クレジットカードは他人へ貸与すると契約違反になるが、クレジットカード会員と生計を維持している親族に限り利用できるとされている。

    [解答解説] ×

  4. クレジットカード会員の信用情報は、クレジットカード会社が加盟する指定信用情報機関により管理されているが、会員は、自己の信用情報について所定の手続きにより開示を請求することができる。

    [解答解説] ○

[解答] 3
[解説]
ライフプランニングの分野では、ライフプランニングの手法、年金、社会保障などがメインだが、クレジットカードの頻出度も高い。深入りしないよう気を付けたいが、この問題では選択肢3が誤りであることだけ判断できれば十分である。クレジットカードのポイントは次の通り。
・クレジットカードは発行を受けた名義人以外(ご家族の方でも)は使用できない。名義貸などにより被害に遭われた場合も自己責任となる。
・クレジットカードは、カード会社から会員に貸しているもの。
・IC端末の場合は暗証番号、IC端末がない場合はサインが必要である。ただカードの加盟店によっては、少額であればサインレスで決済できる。

解答解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です