2級FP 2017年5月 問題17

問題 17
任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。

  1. ノンフリート等級別料率制度は、契約者の前契約の有無や事故歴に応じて1等級から20等級に区分し、等級ごとに保険料の割増・割引を行う制度である。

    [解答解説] ○
    適切である。

    ノンフリート等級別料率制度は、ノンフリート等級および事故有係数適用期間(事故歴)によって保険料の割増や割引が行われる制度である。ノンフリート等級には1等級から20等級があり、新規契約は原則6等級から始まり、無事故だと翌年の等級が1上がる。保険を乗り換える場合は前契約の事故により、ノーカウント事故、1等級ダウン事故、3等級ダウン事故があり、ノーカウント事故は1等級上がるが、そのほかはそれぞれ1等級と3等級下がる。

  2. 対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により他の自動車に損害を与えた場合、損害賠償として支払われる保険金の額は、被害者の過失割合に応じて減額される。

    [解答解説] ○
    適切である。

    対物賠償保険は、相手の車だけでなく、壁や電柱、ガードレールを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償される。契約時に設定した金額(保険金額)は補償の上限であり、被害者の過失割合によって支払われる保険金の額は異なる。

  3. 人身傷害保険では、被保険者が被保険自動車の運転中に単独事故を起こして後遺障害を負った場合は、補償の対象とならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    人身傷害保険は、契約の車や他の車に搭乗中、歩行中などの事故で死傷した場合に保険金が支払われる(車内のみ補償のタイプもある)。事故の過失割合に関わらず、また示談交渉をまたずに総損害額が支払われる。契約の車に搭乗中であれば、自損事故保険と同様、相手がいない事故(単独事故)や相手に過失がなく自賠責保険から補償が受けられない事故も対象となる。

  4. 対人賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により同居している自分の子にケガをさせた場合は、補償の対象とならない。

    [解答解説] ○
    適切である。

    事故の相手方が、
    ・記名被保険者の配偶者
    ・記名被保険者またはその配偶者の同居の子・同居の親族
    ・記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
    のいずれかの場合であれば補償の対象とならない。

[解答] 3
[補足]

解答解説