2級FP 2017年5月 問題19

問題 19
第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日数は定められていない。

    [解答解説] ○
    適切である。

    がん保険は、医療保険のような60日型、120日型などの1回の入院での支払限度日数や通算の支払限度日数は定められておらず、無制限に受け取ることができる。なお、近年のがんによる入院日数は約20日と短期化傾向が強く、別の商品が主流となりつつある。

  2. 特定(三大)疾病保障定期保険では、保険期間中に特定疾病保険金の支払事由に該当せずに死亡した場合、死亡保険金が支払われる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    特定(三大)疾病保障定期保険は、特定疾病に該当すると生前に保険金を受け取ることができるが、死亡保険金は特定疾病に限らず支払われる。

  3. 介護保険では、被保険者が公的介護保険の介護サービスを利用した場合の自己負担額を限度に介護年金が支払われる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    介護保険は、保険料の支払要件で公的介護の要介護1以上や3以上などと連動する場合があるが、介護年金や一時金は自己負担額を限度としていない。介護になった場合の生活費や介護費用に充当するための保険なので、ある程度まとまった金額が給付される。

  4. リビング・ニーズ特約は、被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合に、死亡保険金の一部または全部のうち保険会社が定めた金額の範囲内で生前に請求することができる特約である。

    [解答解説] ○
    適切である。

    リビングニーズ特約についての概要は以下の通りである。
    (概要)
    1 被保険者の余命が6か月以内と診断された場合に、主契約の死亡保険金の一部又は全部(上限3,000万円)を生前給付金として支払う。
    2 生前給付金を支払ったときは、これと同額の死亡保険金が減額されたものとされる(死亡保険金の全部を生前給付金として支払った場合には、主契約は消滅する。)。
    3 生前給付金の受取人は被保険者とし、配偶者等について指定代理請求を認める。
    4 特約の保険料は不要である(主契約の保険料に吸収されている。)。
    (非課税の理由)
    リビング・ニーズ特約による生前給付金は、死亡保険金の前払的な性格を有していますが、被保険者の余命が6か月以内と判断されたことを支払事由としており、死亡を支払事由とするものではないことからすれば、重度の疾病に基因して支払われる保険金に該当するものと認められます。
     疾病により重度障害の状態になったことなどに基因して支払われる保険金は、所得税法施行令第30条第1号《非課税とされる保険金、損害賠償金等》に掲げる「身体の傷害に基因して支払われる」保険金に該当するものと取り扱っており(所得税基本通達9-21)、その保険金は非課税所得となります。
    (注意点)
    生前給付金の支払を受けた後にその受取人である被保険者が死亡した場合で、その受けた給付金に未使用のものがあるときのその未使用部分については、本来の相続財産として相続税の課税対象となります(この場合、相続税法第12条第1項第5号《相続税の非課税財産》の規定の適用はないことに注意してください。)。
    (出典:国税庁HP)

[解答] 3
[補足]

解答解説