2級FP 2017年5月 問題20

問題 20
損害保険を活用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 地震を原因として自宅が倒壊する場合に備えて、地震保険が付帯された火災保険を契約した。

    [解答解説] ○
    適切である。

    地震保険は単独での加入はできないため、火災保険の特約として加入する。

  2. 国内旅行中の食事が原因で細菌性食中毒を発症する場合に備えて、国内旅行傷害保険を契約した。

    [解答解説] ○
    適切である。

    国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険ともに細菌性食中毒は特約なしで補償される。普通傷害保険や家族傷害保険では対象外である。

  3. 飼い犬が他人にかみついてケガを負わせて法律上の賠償責任を負担する場合に備えて、個人賠償責任補償特約が付帯された家族傷害保険を契約した。

    [解答解説] ○
    適切である。

    個人賠償責任補償は、日常生活に起因する偶然な事故や、住宅およびその敷地内の動産の所有、使用または管理に起因する偶然な事故によって、他人にケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負った場合に、損害賠償金などが支払われる。飼い犬が他人にかみついてケガを負わせた場合も対象である。

  4. 勤務している会社を定年退職して再就職後の収入が減少する場合に備えて、所得補償保険を契約した。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    所得補償保険は、病気やケガで働けなくなったときのための保険である。病気やケガによる入院・自宅療養により働けなくなった場合に、保険金が支払われる。

[解答] 4
[補足]

解答解説