2級FP 2017年5月 問題22

問題 22
株式投資信託の一般的な運用手法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. ベンチマークの動きに連動する運用成果を目指す手法は、パッシブ運用と呼ばれる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    ベンチマークとは、運用する際の基準となる指標のことで、日経平均株価や東証株価指数などがある。このベンチマークと運用成果を目指す手法は、パッシブ運用である。一方、ベンチマークを上回る運用成果を目指す方法はアクティブ運用と呼ばれている。アクティブ運用は運用のプロが分析するため、信託報酬などの運用コストがパッシブ運用より高くなる。

  2. 経済環境などマクロ的な視点から、国別や業種別などの配分比率を決定し、組み入れる銘柄を選定する手法は、ボトムアップ・アプローチと呼ばれる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    マクロは「巨大」「巨視的」という意味で、国別や業種別などの配分比率を決定し、組み入れる銘柄を選定する手法ではあるが、呼び方はトップダウンアプローチである。ボトムアップアプローチは、個々の企業に焦点をあて、企業分析を行い、それを積み重ねてポートフォリオを組んでいく方法である。「トップダウン」「ボトムアップ」から判別しやすい。

  3. 企業の成長性を重視し、将来の売上高や利益の成長性が市場平均よりも高いと見込まれる銘柄に投資する手法は、グロース投資と呼ばれる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    グロースは「成長」という意味で、グロース投資は将来の売上高や利益の成長性が市場平均よりも高いと見込まれる銘柄に投資する手法である。

  4. 株価が現在の資産価値や利益水準などから割安と評価される銘柄に投資する手法は、バリュー投資と呼ばれる。

    [解答解説] ○
    適切である。

    バリューは「価値」「価格の割りに品質が高いこと」を意味し、バリュー投資は株価が現在の資産価値や利益水準などから割安と評価される銘柄に投資する手法である。

[解答] 2
[補足]

解答解説