2級FP 2017年5月 問題23

問題 23
固定利付債券の利回り(単利・年率)の計算に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる計算式として、最も不適切なものはどれか。なお、税金、手数料、経過利子等は考慮しないものとする。

表面利率0.1%、償還年限10年の固定利付債券が額面100円当たり100円10銭で発行された。この債券の応募者利回りは( ア )となる。また、直接利回りは( イ )となる。この債券を新規発行時に購入し、3年後に額面100円当たり100円50銭で売却した場合の所有期間利回りは( ウ )となる。一方、この債券を発行から3年後に額面100円当たり100円50銭で購入し、償還まで保有した場合の最終利回りは( エ )となる。

  1. [解答解説] ○
    適切である。

  2. [解答解説] ○
    適切である。

  3. [解答解説] ×
    不適切である。

  4. [解答解説] ○
    適切である。

[解答] 3
[補足]
応募者利回り、所有期間利回り、最終利回りいずれも算式は複雑そうに見えるが、特徴を理解すれば暗記するまでもない。
まず、分母と分子の右肩の数値は同じになる。これだけ知っていれば正解にたどり着く問題がたまに出題されるが今回がそれである。選択肢3(ウ)は、分母が「100.10」、分子の右肩「100.50」となっており、これが誤り。
念のため、他の特徴を紹介しておくと、利回り計算であるため、「収益÷投資額×100」という計算をしているに過ぎない。分母は投資額が来るため、応募者利回りや所有期間利回りは額面=投資額となる。最終利回りは、購入額=投資額である。分子の右側の分数は1年間の収益を計算している。いずれの式も、「売却額-購入額」を所有期間で割っている。これらを抑えておけば、十分対応できる。

解答解説