2級FP 2017年5月 問題25

問題 25
株式の投資指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す投資指標である。

    [解答解説] ○
    適切である。

    PER(株価収益率)は、「株価÷1株あたり当期純利益」で求められる。PERは同業他社と比較し、数値が高ければ割高、低ければ割安となる。

  2. PBRは、株価が1株当たり純資産の何倍であるかを示す投資指標である。

    [解答解説] ○
    適切である。

    PBR(株価純資産倍率)は、「株価÷1株あたり純資産」で求められる。PBRは1倍を基準として、1倍を上回るほど株価は割高、下回るほど株価は割安と判断する。

  3. ROEは、自己資本に対する当期純利益の割合を示す投資指標である。

    [解答解説] ○
    適切である。

    ROE(自己資本利益率)は、「当期純利益÷自己資本×100」で求められる。自己資本でどれぐらいの利益を生み出しているかをみる指標である。

  4. 配当性向は、株価に対する年間配当金の割合を示す投資指標である。

    [解答解説] ×
    不適切である。

    配当性向は、「年間配当総額÷当期純利益×100」で求められる。純利益のうち、どのくらい配当金として株主に還元しているかを判断する指標である。

[解答] 4
[補足]

解答解説