問 1
ファイナンシャル・プランニングの6つのステップにおける第2ステップ「顧客データの収集と目標の明確化」において、収集する顧客のデータに関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

(ア)「現在の預金残高」は、定量的情報に該当する情報である。
(イ)「お金に対する価値観」は、定性的情報に該当する情報である。
(ウ)「顧客の性格の把握」は、面談方式より質問紙方式での情報収集が適している項目である。
(エ)「加入している保険の種類」は、質問紙方式より面談方式での情報収集が適している項目である。

[解答] (ア)○ (イ)○ (ウ)× (エ)×

[補足]

解答解説




≪問1  問3≫

2014年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit