問 33
孝太郎さんの父の昌之さんは、半年後に65歳の定年を迎える。退職後は、再就職のためハローワークに求職の申込みをする予定である。雇用保険の基本手当および高年齢求職者給付金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、昌之さんは30歳から現在の会社に勤務し雇用保険に継続して加入している。また、昌之さんは障害者等の就職困難者には該当せず、記載以外の雇用保険の求職者給付の受給要件はすべて満たしているものとする。
WS000019
1.昌之さんが64歳11ヵ月で退職し、正当な理由がない自己都合退職とされた場合は、所定給付日数120日の基本手当が支給され、給付制限が行われる。
2.昌之さんが64歳11ヵ月で退職し、正当な理由がない自己都合退職とされた場合は、所定給付日数150日の基本手当が支給され、給付制限は行われない。
3.昌之さんが65歳の誕生日に定年退職した場合は、基本手当日額の50日分に相当する高年齢求職者給付金が支給され、給付制限が行われる。
4.昌之さんが65歳の誕生日に定年退職した場合は、基本手当日額の50日分に相当する高年齢求職者給付金が支給され、給付制限は行われない。

[解答] 4
[補足]

解答解説




≪問32  問34≫

2014年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit