2級FP 2014年 9月 第51問

贈与税の配偶者控除(以下「本控除」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 本控除の対象となるのは居住用不動産の贈与であり、居住用不動産を取得するための金銭の贈与は対象とならない。
2 本控除の適用要件である贈与者との婚姻期間について、1年未満の端数がある場合、その端数は切り上げて判定する。
3 本控除の適用を受けた場合、贈与税の課税価格から基礎控除110万円を控除することはできない。
4 贈与者が贈与した年に死亡して相続が開始した場合であっても、所定の要件を満たせば、受贈者(被相続人の配偶者)は本控除の適用を受けることができる。

解答 4

1 × 金銭も対象
2 × 1年未満の端数は切り捨て
3 × 併用可能
4 適切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です