2級FP 2014年 9月 第55問

相続税における「遺産に係る基礎控除」の計算に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 相続人が相続の放棄をした場合、その放棄をした者については、「法定相続人の数」に算入しない。
2 相続人に被相続人の実子と複数の養子(特別養子ではない)がいる場合、「法定相続人の数」に算入する養子の数は1人となる。
3 代襲相続人であり、かつ、被相続人の養子となっている者については、実子2人分として「法定相続人の数」に算入する。
4 法定相続人が1人もいない場合、相続税額の計算上、遺産に係る基礎控除額は0(ゼロ)となる。

解答 2

1 × 相続放棄はなかったものとして扱う
2 適切
3 × 実子2人分にはならない
4 × 3000万円+法定相続人の数×800万円なので、3000万円となる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です