2級FP 2015年1月 第2問

ライフプランニングの一般的な手法等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 初任給を受け取った会社員のAさん(22歳)に対し、「これからは定期的な収入が見込めますので、初任給に借入金を加えた資金を元手として、将来のために高い収益が見込める金融商品による積極的な運用を図るべきです」とアドバイスした。
2 第一子が誕生した会社員のBさん(28歳)に対し、「お子さまの将来の教育資金に備えるため、積立定期預金やこども保険などを活用することを検討してはいかがですか」とアドバイスした。
3 住宅ローンを利用して住宅の購入を検討している会社員のCさん(35歳)に対し、「将来の金利水準やライフプラン上の収支の見通しを十分に検討したうえで住宅ローンを利用することが大切です」とアドバイスした。
4 退職金を受け取ったDさん(60歳)に対し、「退職金は、元本が保証された金融商品などによる安定的な運用を心掛けるとともに、今後の収入状況等も考慮して、流動性資金を確保しておくことも大切です」とアドバイスした。

解答 1

1 × 借入金を加えてまで運用すべきとはいえない。
2 「お子さまの将来の教育資金に備えるため、積立定期預金やこども保険などを活用すること」は、教育資金の備えとして適切。
3 「将来の金利水準やライフプラン上の収支の見通しを十分に検討したうえで住宅ローンを利用すること」が大切である。
4 「退職金は、元本が保証された金融商品などによる安定的な運用を心掛けるとともに、今後の収入状況等も考慮して、流動性資金を確保しておくこと」も大切である。