2級FP 2015年1月 第37問

会社員であるAさんの平成26年分の給与所得の源泉徴収票に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、Aさんは、妻Bさん、長男Cさん、長女Dさんの4人家族であり、Aさんには下記の給与所得以外の所得はないものとする。

WS000004

1.Aさんの給与所得の金額は、900万円である。
2.Aさんは、配偶者控除(控除額38万円)の適用を受けることができる。
3.Aさんが適用を受ける扶養控除の控除額は、76万円である。
4.源泉徴収税額(53万5,900円)は、所得税および復興特別所得税の合計額である。

解答 4

1 900万円は収入。給与所得は,「給与所得控除後の金額」。

2 「控除対称配偶者の有無等」で「無」に〇がある

3 「その他」に1とあり,ここは一般の扶養控除で38万円。