2級FP 2015年5月 問題7

問題 7
厚生年金基金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 厚生年金基金の老齢給付のうち、代行部分は終身年金として受け取ることになるが、加算部分は基金ごとの規約により一時金で受け取ることも可能である。

    [解答解説] ○
    加算部分は基金ごとの規約により一時金で受け取ることも可能となっている。

  2. 平成26年4月1日以降、厚生年金基金の新規設立は認められない。

    [解答解説] ○
    平成26年4月1日以降、厚生年金基金の新規設立をすることができない。

  3. 加入員が負担した厚生年金基金の掛金は、その全額が所得税における社会保険料控除の対象となる。

    [解答解説] ○
    生年金基金の掛金全額が所得税における社会保険料控除の対象となる。

  4. 厚生年金基金の老齢給付の支給開始年齢は、加入員の生年月日にかかわらず、一律60歳とされて いる。

    [解答解説] ×
    生年月日により、60~65歳の支給開始となる。

[解答] 4
[補足]

解答解説