2級FP 2015年5月 問題13

問題 13
平成24年1月1日以降に締結した生命保険契約の保険料に係る生命保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 「一般の生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」のそれぞれの控除額の上限は、所得税では5万円である。

    [解答解説] ×
    上限は4万円ずつである。

  2. 「介護医療保険料控除」の対象となる医療保険契約の契約形態は、給付金受取人が契約者(=保険料負担者)とその配偶者のいずれかであるものに限られる。

    [解答解説] ×
    契約者と配偶者の他に、6親等以内の血族と3親等以内の姻族に該当する親族も含まれる。

  3. 「個人年金保険料控除」の対象となる個人年金保険契約の契約形態は、年金受取人が契約者(=保険料負担者)またはその配偶者で、かつ、被保険者と同一人であるものに限られる。

    [解答解説] ○
    適切。

  4. 少額短期保険契約の保険料は、「一般の生命保険料控除」の対象となる。

    [解答解説] ×
    少額短期保険契約は生命保険料控除の対象外である。

[解答] 3
[補足]

解答解説