2級FP 2015年5月 問題14

問題 14
下記の生命保険に加入しているAさんが死亡した場合、Aさんの相続に係る相続税の課税価格に算入される生命保険契約に関する権利の価額として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。

保険の種類 :定期保険特約付終身保険
契約者(=保険料負担者) :Aさん
被保険者 :Aさんの配偶者
死亡保険金受取人 :Aさん
死亡保険金額 :3,000万円
相続開始時における払込保険料総額 :1,022万円
相続開始時における解約返戻金相当額:640万円

  1. 382万円

    [解答解説] ×

  2. 640万円

    [解答解説] ○

  3. 1,022万円

    [解答解説] ×

  4. 3,000万円

    [解答解説] ×

[解答] 2
[解説]
Aさんが死亡しているため、契約に関する権利をAさんの配偶者が引き継ぐ。その際に、相続税の対象となるが、権利の価額は解約返戻金相当額である。

解答解説