2級FP 2015年5月 問題32

問題 32
次のうち、所得税において分離課税の対象となるものはどれか。

  1. 賃貸マンションの貸付けに係る不動産所得

    [解答解説] ×
    総合課税である。

  2. 金地金の売却に係る譲渡所得

    [解答解説] ×
    総合課税である。

  3. 老齢基礎年金の受給に係る雑所得

    [解答解説] ×
    総合課税である。

  4. 退職金の受給に係る退職所得

    [解答解説] ○
    退職所得は分離課税である。退職所得控除を引いて、2分の1した額に税率をかける。

[解答] 4
[補足]

解答解説