2級FP 2015年9月 問題3

問題 3
介護保険法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    1. 要介護認定を受けた被保険者の居宅サービス計画(ケアプラン)は、一般に介護支援専門員(ケアマネージャー)に作成を依頼するが、被保険者本人が作成することもできる。

      [解答解説] ○
      被保険者本人が作成することも可能である。

    2. 要介護認定を受けた被保険者が居宅で生活するために必要な段差解消の住宅改修を行った場合は、その全額が居宅介護住宅改修費として支給される。

      [解答解説] ×
      全額ではなく9割である。

    3. 介護老人保健施設は、入浴や食事などの日常生活上の支援や療養上の世話などを提供する施設であり、要介護者と認定された者が終生入所することができる。

      [解答解説] ×
      要介護者と認定された者が終生入所できるのは、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)である。介護老人保健施設は、在宅復帰を目的としている。

    4. 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、リハビリテーションを中心とした医療サービスを提供する施設であり、要支援者と認定された者がその施設サービスを受けることができる。

      [解答解説] ×
      要支援者はサービスを受けることはできない

[解答] 1
[補足]

解答解説