2級FP 2015年9月 問題5

問題 5
公的年金制度に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 基礎年金番号は、国民年金、厚生年金保険および共済年金(共済組合の長期給付)のすべての公的年金制度で共通して使用される番号で、公的年金の被保険者等や受給者1人につき1つの番号が割り当てられる。

    [解答解説] ○
    受給者1人につき基礎年金番号が1つ割り当てられる。

  2. マクロ経済スライドは、被保険者数の減少と平均余命の伸びを毎年度の年金額の改定に反映させることにより、年金の給付水準を調整する仕組みである。

    [解答解説] ○
    平成16年の改正で、被保険者数の減少と平均余命の伸びを考慮して、年金額の改定に反映させる仕組みを導入した。これが、マクロ経済スライドである。

  3. 国民年金の保険料は、所定の手続きにより2年度分をまとめて納付することができる。

    [解答解説] ○
    2年分をまとめて前納することができる。

  4. 公的年金は、支給事由が生じた日の属する月の翌月から受給する権利が消滅した日の属する月まで、毎月15日に支払われる。

    [解答解説] ×
    年金は、2月に1回、偶数月に支払われる。

[解答] 4
[補足]

解答解説