2級FP 2015年9月 問題22

問題 22
投資信託等の運用手法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 企業の成長性を重視し、売上高や利益の成長性の高さに着目して、銘柄選択を行う運用手法は、グロース投資と呼ばれる。

    [解答解説] ○
    正しい。グロース(成長)性を重視した投資である。

  2. 株価指標や配当割引モデルなどからみた株価の割安性に着目して、銘柄選択を行う運用手法は、バリュー投資と呼ばれる。

    [解答解説] ○
    バリュー(値打ち)のあるもの、株価と企業を見て、割安であるものに投資する方法である。

  3. 異なった銘柄の株式の買付けと売付けを同額程度行い、市場全体の変動による影響を抑え、個別銘柄固有の価格変動に収益の源泉を求める運用手法は、マーケット・ニュートラル運用と呼ばれる。

    [解答解説] ○
    割安の銘柄を買い建て、割高な銘柄を売り建て、相場の上下に関わらず、利益を出す手法。

  4. 個別銘柄の調査・分析に基づいて投資価値のある銘柄を選択し、その積上げによってポートフォリオを構築する運用手法は、トップダウン・アプローチと呼ばれる。

    [解答解説] ×
    説明の文は、ボトムアップ・アプローチである。トップダウン・アプローチは、経済や社会情勢などの環境分析を行い、国や地域別の組み入れ比率を決定し、その比率に基づいて銘柄を選んでいく方法である。

[解答] 4
[補足]

解答解説